本文へスキップ

夢グラス白山はステンドグラスの進化を追求し続けています。

電話でのお問い合わせは059-262-1690

メールでのお問い合わせはこちら

No Days Mosic

No Days Mosicを使った作品例

 
こんなのを作ってみました。透明ガラスと色ガラスを交互に接着したモニュメントです。
立体モニュメント こいつは太陽の光を受けると反射光良し、透過光良しと、なんとも贅沢な輝きを見せてくれます。画像クリックで大きく表示
作り方を少しだけ紹介します。
作りたい大きさの円を描き、それを10等分します。そして、上の頂点から下の頂点へこの円の直径大を半径とする楕円を描きます。それが一枚のピースの形です。
最下部のピースは立てる為に少しカットしてやる必要があります。
2枚のピース分だけ少し直線で結んでおきましょう。
こうして型紙の準備が出来ましたら、
この型紙を元にして、透明ガラス6枚と色ガラス4枚を切っていきます
後は小さく切ったグルーフィルムをガラスの間に挟み込んで、ヒートガンで炙るだけ。大きさは1cm角程度でOKです。ただし、透明ガラスって、結構熱割れし易いので、あまり暖めすぎるとパチンと割れる事があります。透明ガラスだとグルーが溶けるのが判りますので、溶けたらすぐにヒートガンを切るか患部から離して下さい。
これがグルーの溶けた状態です。判りづらいので、下に白い紙を敷いてありますが、ご覧のように殆ど見えません。ガラスが熱いうちに上から押さえてやりますと、糊が薄く広がり、ますます見えなくなります。
この説明では判りずらいと言われる方はステンドグラス教室ON Netでもキットをご用意しておりますので、是非作ってみて下さい。
釣りランプ 又、この様なランプもグルーフィルムを使って作る事が出来ます。
画像をクリックすると大きく表示されます。

ショップ情報

夢グラス白山

〒515-2602
三重県津市白山町二本木3591-4
TEL.059-262-1690
FAX.
horiken@ztv.ne.jp
→ショップ案内